運転が向いている人・向いていない人について

自動車運転免許の更新の時に、アンケートを取られることがあります。

自動車交通安全協会などが配布する交通安全のしおりなどの小冊子が講習の時に渡されると思いますが、その冊子にアンケートがあることがあり、運転に向いているか、いないかということが分かります。

これは、自動車学校でも同様のアンケートがとられる場合があり、教習や講習にてそのことを再認識し、安全運転に努めます。

自動車運転中に電話が気になったり、前の車が遅いことにイライラ感を覚える、黄信号でアクセルを踏む、少しでも近道を選択する、警笛を頻繁に鳴らすなどの項目にあてはまる人は本来、運転には向いていません。

逆に、周囲に気を取られず冷静に運転できる人や、早めに危険を予知して危うきに近寄らずという考えの人は運転に向いている人と言えるでしょう。

気性は運転に出ますので、運転中は穏やかで冷静さを持てば必ず安全運転が可能となります。

しかしながら、そう簡単に性格が直るとも思いません。

そこで、自然と身につく運転技術をお教えしましょう。

安全運転は誰もが意識しながら、実行できていないことです。

アグレッシブな運転は燃費を著しく悪くします。

落ち着いた運転を行うには、燃費計により平均燃費を計測します。

これだけで、燃費の向上が目的となるため、少しでも燃費を抑えた運転に心がけるでしょう。

燃費が良いということは安全運転の証でもあり、急発進、急ブレーキが無ければ、万が一の衝突時にも被害が最小限に抑えられます。