免許取得の為だけではない運転技術を教える教習所の指針

自動車学校は免許取得のためにあるのですが、大事なことは免許取得をした後なのです。

卒業した後に、公道を運転することになるのですが、そこで安全でスムーズに運転できなればならないのです。

単純に免許取得させるために教えるのならば、教科書通りのことを教えれば良いのですが、公道に出れば、いろんなことが起きます。

そういったケースに対応できるようなドライバーを育てることが大事なのです。

自動車学校の指針として、安全運転のために身につく運転技術を教えることを掲げている学校がたくさんあります。

自分が教えた生徒が事故を起こしたとなれば、自分の責任になってしまうと考えてしまうからです。

事故を起こさないような運転技術と安全運転をするための運転技術を教えなければなりません。

危ないケースもいろいろあるのですが、そういったケースについてもきちんと指導をします。

厳しく指導することもありますが、安全運転をしてもらいたいという気持ちがあるからです。